本文へ移動

スタッフブログ

~スタッフブログ更新中!~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

三拍子揃った素敵なホーリーパン

2018-12-15
先日、パン好きの間で美味しいと有名な角田のホーリーパンに行ってきました。
お店は田園風景の中にある古民家で、カーナビ無しでは判らなかったかもしれません。
11時のオープンより少し過ぎた位の時間に到着したにもかかわらず、既に駐車場は満車状態で人気の高さがうかがえます。
お店の中には美味しそうなパン達がならび、ハード系から総菜系・甘い系と幅広いラインナップです。
この日は持ち帰り用とは別にブランチとしてお店で頂きました。
パンは評判通り美味しく、総菜パンは予め人数分にカットして頂き、総菜系はどちらの種類も食べてみたいけど甘いパンは独り占めしたいというパン好きの心理をよくご存じ!と思いました。
コーヒーも美味しく、店内はビートルズの「ブラックバード」が心地よく流れていて、窓から見える庭の晩秋の風景を見ながら至福のブランチを頂きました。
接客、味、雰囲気と三拍子揃ったお店はなかなかないですね。
パン好きの方、ゆったりとしたひと時を過ごしたい方に是非おすすめです!(三浦)
 
 

そろそろ冬支度

2018-12-03
 毎日の最低気温、最高気温が気になる季節になりましたね。
ガーデニングが趣味の私にとっては庭に出る機会が減り、寂しく感じます。来年芽吹いてくるまで庭仕事はしばしお休みです。
でもその前にやっておかなければならない大事な作業があります。それはバラの剪定と誘引。まず枝に付いている葉っぱを手で全てむしります。バラは葉をむしると休眠に入り、株元に樹液と栄養分を送り、春に備えるのです。葉をむしったら、いらない枝をカットし、次はつるバラを壁やオベリスクという支柱に1本1本麻ひもで誘引します。我が家には8本あるのでその作業だけで何日もかかります。12月~2月が適期とされていますが、12月は忙しくてついつい年明けになってしまうことが多く、毎年寒さに凍えながら黙々とやっています。今年は暖冬と言われていますが、今年こそ早めに、12月中には終わらせてしまおうと思っています。来年の春に綺麗に咲く姿を想像しながら。
バラは手をかければかけただけ綺麗に咲いてくれます。今年もあと1ヶ月足らず。来年も花を愛でる心の余裕を持った暮らしをしたいと思っています。(星野)
 
 

リフォームで!! 快適・エコな暮らしフェスタ

2018-11-19
東北電力主催「リフォームで!!快適・エコな暮らしフェスタ」が開催されます。
 日時:11月23日(金・祝)・24日(土)・25日(日)
    10時~17時(最終日は16時にて終了) 
 場所:タカラスタンダード仙台一番町ショールーム
    仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命ビルディング1F
    
最新の省エネ機器で家計にやさしい快適な電化リフォームをしませんか?
タカラスタンダードショールームで最新の快適省エネ機器をご覧いただけます。
11/23(金・祝)開催 美眉メイク講座や11/25(日)開催 ハーバリウム作り、毎日開催のIH実演セミナー、美容コーナーに無料でご参加いただけます。
 ※美眉メイク講座、ハーバリウム作りは事前の申し込みが必要です。
電気料金プラン相談や光熱費シミュレーション、よりそう得eネットのご紹介とご登録受付のコーナーもございます。
詳しくはチラシをご覧ください。

サンワホームも参加いたします。
ご来場の際は「サンワホーム」とご指名下さい。
ご来場お待ちしております。
(奥山)

よろしくお願いします

2018-10-29
9月に管理部に入社しました駒澤です。まだまだ仕事に不慣れですが宜しくお願いします。
今回は初ブログですが、趣味という趣味を持ち合わせていないのですが、毎日家事に育児に追われる日々の中で
のストレス解消法を・・・。
好きな音楽を聴くとイライラがちょっぴり落ち着きます!
あとは、大好きなアーティストのライブDVDを見ると元気になれます!
雑貨屋さんで可愛い小物を見ると癒されます!
一日の終わりに好きな香りのボディーソープを使うときもホッと癒されます!
でも、やはり一番元気をもらえるのは二人の娘とのおしゃべりかもしれません。
また今日も適度にストレスを解消しながら笑顔でがんばろうと思う今日この頃です。
(駒澤)

亘理の名物はらこ飯

2018-10-15
秋ですねー。お彼岸の頃から稲刈りと一緒にやってくるのが「はらこ飯」のシーズンです。震災後は全国的にも有名になりましたが、意外と地元の若い主婦の方は作れないそうで、郷土料理を若い世代へ繋ごうと料理教室も開いているそうです。こういう活動は、なんだかうれしいです。
また、同じ亘理出身の人でも味や作り方も各家庭みんなそれぞれ違うのが面白い!鍋奉行でなくはらこ飯奉行があってもおかしくないほど、皆さんこだわりがあるようで。。。結局は実家の味が一番なんでしょうね♪
亘理出身の私も母から作り方を教わり郷土料理のはらこ飯は毎年作れるようになりました。はらこをほぐして味付けする工程が出来るようになればみんな作れる料理なのではないかと思う今日この頃です。はらこを固すぎず柔らかすぎずのいい具合にするのは、つくづく経験あるのみですね!私も日々精進したいと思います。(笑)
(佐藤)
スタッフブログ
詳しくはこちら
不動産売買・賃貸物件情報
詳しくはこちら
イベント情報・定番チラシ
詳しくはこちら
TOPへ戻る